中古で購入する

名刺を差し出す手

中古物件は、新築物件に比べて価格が安くお得感があります。また、リフォームをすることでより快適に利用することができるので、近年人気があります。 中古物件は、リフォーム済みの物件とリフォームされていない物件とがあります。どちらがお得かは人それぞれ感じ方が違うと思いますが、リフォームされていない物件を安く購入し、自分の好きなようにリフォームするのが一番住みやすい物件になります。 この時に行うリフォームは、システムキッチンを入れ替えたりユニットバスを入れ替えたりするだけで、建物の構造部分を変えないリフォームの方がお得です。構造部分を変えてしまうと、建築確認が必要となり、建物の価値が上がります。そうなると、その分建物の固定資産税も上がりますので気をつけたいところです。 

中古物件の相場と言うのは、非常に難しいものです。中古物件の場合、建物の価値ではなく土地の価格を参考にすると良いです。 特に築25年以上経っている建物は、ほとんど価値がありませんので、周辺の土地の相場を参考にして、その中古物件の価格を見ることが大事です。 中古物件の良いところは、購入後の建物の価値の低下率が低いことにあります。新築物件であれば、すぐに建物の価値は下がってしまいますが、中古物件の場合は、購入時点ですでに建物の価値はある程度下がっています。 このため、もしすぐに手放すことになっても大幅に値下がりすることは少ないです。 いろいろお得な面がある中古物件ですので、相場を勉強して購入することをオススメします。