新築をお得に

打ち合わせする男女

新築住宅を購入する場合、お得に利用する方法はあるのでしょうか。ひとつは長期優良住宅として認定されることです。この場合、一部税金が免除されるということはありますがそこまでお得感がないため、積極的に利用する人は意外と少ないようです。 新築住宅を購入する場合、ほとんどの人は住宅ローンを利用するはずです。この住宅ローンはよく考えれば一番節約できる部分ではないでしょうか。現在住宅ローンは利子が安いため勧める人が割と多いですが、それだけの理由で30年や35年の間ずっと住宅ローンを返済し続けるのは土地の価値が下落し続けている現状を考えるととてもバカバカしいことに気がつきます。ローンを組む場合は出来るだけ短期で借りるのが賢い新築の買い方です。

短期に借りると言ってもすぐにお金が溜まるわけではないことは重々承知です。 新築住宅の平均価格は3500万円程度のところが多く、全てを一括で払うのは難しでしょう。ただ焦って購入をして例えば10年住宅ローンが長くなってしまった為に利子で1000万近くを払うのは馬鹿馬鹿しいのです。 今後、新築住宅を購入したとしても、20年もすれば土地の価格はかなり下落していますし、上物については価値が0になっているはずなので、価値のないものにお金を何十年も払い続けるのは避けなければならないのです。 もし、住宅を急いで購入する必要がないのであれば、できるだけ頭金わ貯めて、ローンの期間を最小限に抑え、無駄に利子を払わないのが今後の賢い住宅の購入の仕方ではないでしょうか。